水月ケアプランセンター

HOME>水月ケアプランセンター>ケアプランの作成

ケアプランとは

要介護者等が介護サービスの適切な利用をすることができるよう、心身の状況、その置かれている環境、要介護者等及びその家族の希望等を勘案し、利用する介護サービスの種類及び内容、担当者その他厚生省令等が定める事項を書面によって計画したものです。ケアプランは自分で作成(セルフケアプラン)しても構いませんが、専門知識を有する居宅介護支援事業者のケアマネジャー(介護支援専門員)に作成を依頼する方法が一般的です。

ケアプランの作成

水月ケアプランセンターのケアマネジャー(介護支援専門員)が利用者様や家族様のご意見をお伺いしながらケアプランを作成いたします。ケアプランの作成は介護保険より全額負担されます。

利用者様の費用負担はありません。

ケアプラン作成の流れ

1. お申し込み
水月ケアプランセンターについての説明と、契約を行っていただきます。
2. アセスメント(状況の把握・課題分析)
ケアマネジャー(介護支援専門員)がお伺いして、どのような状況か?どんなことを希望されているか?などについて本人様や家族様にお聴きします。また、ケアマネジャー(介護支援専門員)が、どのように支援できるかを一緒に考えます。
3. 介護サービス事業者との連絡調整
介護サービス事業者との連絡調整を行い、利用者様にとって適切な介護サービスが出来るようにします。ご希望の介護サービス事業者と契約を行っていただきます。
4. 居宅サービス計画書の作成
ケアマネジャー(介護支援専門員)が介護サービスの種類や内容、利用回数や時間、利用料金を盛り込んだ、一人一人の状況に応じたケアプランを作成いたします。
5. 介護サービスの開始
介護サービス事業者と契約し、サービスを開始します。サービス開始後も、利用者様とサービス事業者などに継続的に連絡をとり、利用者様に状態の変化や不都合がないかを点検し、状況に応じてプランの内容を変更するなど迅速かつ適切な対応をします。